少年は荒々しく言い、タバコをふかした

「ほっとけってんだよ!」少年は荒々しく言い、タバコをふかした。「おれは大丈夫ですよ。あんたに道のことを教えてあげた。あんたはまだ呑み込めてないけど、すぐにわかるさ。おれらはみんな死んでる。おれらはみんなここにいて、くたくたで、それでもどういうわけか、ここから去ることができない。夏は素適な香りがす...

このエントリーの続きを読む≫

— posted by id at 07:14 pm  

少年は放浪者に鋭い目を向けた

「昨晩、私は道の端から落ちて、その落ちた場所で眠ってしまった。死ななかったとは不思議だ。」放浪者が言った。 少年は放浪者に鋭い目を向けた。

「死んでないなんてどうやってわかるんです?」少年は言った。

「わからん。」 しばらく黙り込んだあと、放浪者は言った。

「あのね、」少年はしゃがれ...

このエントリーの続きを読む≫

— posted by id at 07:13 pm  

放浪者は認めた

「ここに来てまだきみほど長くないからね。」放浪者は認めた。

「まったく、だんなさんの歩きっぷりを見ればわかるさ。まだ疲れてないもんね。ひょっとして、この道の最後に何かがあると期待したりしてます?」

 放浪者はしばらく考え込んだ。「わからん。」放浪者は苦々しく言った。「いつも考えてはいるが...

このエントリーの続きを読む≫

— posted by id at 07:13 pm  

T: Y: ALL: Online:
Created in 0.0538 sec.

http://hanshin-area.jp/